視力矯正
- Mar 05, 2019 -

斜視で生まれたJames Blahaは、Oculus Riftヘルメットを経験していたときにこれが彼の弱視を改善することを発見しました。 彼は2年間の実地実験を通してステレオビジョンの80%を取り戻しました。 その後、彼はSee Vididlyを設立し、斜視または弱視の患者にVRビジョン治療を提供するためにVivid Visionと呼ばれるソフトウェアを開発しました。

VR視力矯正

いくつかの小規模な試験では、15の試験のうち9つがVivid Visionソフトウェアで視力を改善しました。 弱視を治療する伝統的な方法は弱視を行使するためのより良い視力で目を覆うことですが、この治療はしばしば7歳未満の子供を対象としており、VRの治療は成人の弱視を治療する新しい手段になることを期待しています。


Related Products